オススメ!撮影スポット

Kauai_001

ワイメア渓谷展望台

マップを見る

カウアイ島の西側に位置するワイメア渓谷は、「太平洋のグランドキャニオン」とも言われるほど切り立った丘、ごつごつした岩山、深い渓谷と見渡す限りの景色をワイメア渓谷展望台から楽しめます。長さ22㎞、幅2㎞、深さ1,097m以上の地層の渓谷は、ハワイでは他に類を見ないほどの絶景です!

Hawaii_001

ハワイ火山国立公園・ハレマウマウ火口

マップを見る

ハワイ火山国立公園は、ハワイ島ヒロにあり、地球上で最も活発な火山キラウエア火山があります。ユネスコにより1987年に世界遺産に登録。ハレマウマウ火口は、火山の女神ペレが住むところとして知られる巨大な火口として知られていますが、トーマス A. ジャガー・ミュージアム の前にある展望台から眺めるのがオススメです。

また、ハワイ火山国立公園内に唯一あるホテル、ボルケーノハウスでは、ハレマウマウ火口の噴煙を部屋から、レストランからも眺められるんです。さらに、昼と夜では、ハレマウマウ火口の眺めは変わりますので、どちらもご覧になるのがオススメですよ!!

Maui_001

ハレアカラ国立公園

マップを見る

標高3,055mのハレアカラ山は、マウイ島で最も高い山です。「ハレアカラ」とは、ハワイ語で「神の家」という意味。ハレアカラ山頂までは、長い曲がりくねった道を車で登ることができます。山頂からは、眼下に望む雲海、日の出、日の入、夜の星空と大自然を体感できますよ。

ハレアカラから眺めるサンセットはとってもロマンチックで、忘れることができないほどの思い出になること間違いなしです。

アラモアナセンター

ハワイを代表する、世界最大規模のオープンエアのショッピングセンターはデパートや一流ブランドショップからカジュアルウエア、サーフショップ、スーパーまでバラエティ豊かに大集合。さわやかな風が吹き抜ける館内を背景に、お買い物した商品といっしょに記念撮影をしてみては? フラやウクレレのイベントが行われるセンターステージでスター気分になってみるのもおすすめです。

photo_waikiki_beach_shomen

ワイキキビーチ

ハワイといえば、やっぱりワイキキビーチ! ひとくちにワイキキビーチといってもその範囲は広く、約3㎞にわたる8つのビーチのことなんです。ビーチはもちろん、ヤシの並木が続く遊歩道、広い芝生エリアなど海だけではない自然を感じられるのも魅力のひとつ。時間によってまったく違う表情を見せてくれるので、早朝の朝焼け、太陽が燦々ふりそそぐ日中、夕日がきれいな夕方など、いろんな時間に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

ドールプランテーション

ワイキキから車で約50分、子どもも大人も楽しめるテーマパークは絶好の撮影スポット。4両編成の蒸気機関車型ディーゼル機関車「パイナップル・エクスプレス」でパイナップル畑を進めば、雄大なコオラウ山脈やワイアナエ山脈を背景に撮影することもできます。ほかにも、ギネスブック認定の巨大迷路、パイナップル型に入ったソフトクリーム、パイナップルのフラガールの顔ハメ看板など、まさにパイナップルづくしの想い出がつくれます!

ホノルル動物園

カピオラニ公園内にあり、ワイキキの中心部から徒歩圏内なので、とっても便利。ダイヤモンドヘッドも遠くに見え、すべり台などの遊具や芝生の広場もあって、のんびり過ごすのに最適です。動物園の一番奥にある、赤土で造られた「アフリカンサバンナ」ゾーンで、キリンやライオンなど大型動物と、ハワイにいながらサバンナにいるような一枚を撮るのも楽しいですよ。子ヤギやニワトリなどの動物たちとふれあえる「ケイキ・ズー(こども動物園)」もファミリーにはおすすめ!

photo_kapiolani_1

カピオラニ公園

ハワイ王国の王女様の名前がつき、ダイヤモンドヘッドの西側に広がる、ハワイでいちばん古く、いちばん大きい公園。緑豊かな公園内では、ダイヤモンドヘッドをバックに開放感にあふれた気持ちのよい一枚が撮れます。ホノルルマラソンのゴール地点としても有名なので、公園内の遊歩道を走る姿やゴール風景を真似てみたりと、遊びゴコロのある一枚を撮ってみるのも楽しいですよ。

photo_kingkameha_1

カメハメハ大王像

日本でも童謡で知られるカメハメハ大王は、ハワイを統一した偉大な王様。ホノルル・ダウンタウンにあるハワイ州最高裁判所前にあるものが有名で、金色の服を着た立派な姿を見ることができます。石造りでギリシャ風列柱がすばらしい建物といっしょに、ぜひ一枚。ホノルル・ダウンタウンには1800年代に建てられた石造建築物がたくさん残っているので、散歩しながらベストショットの場所を見つけてみて!