アニメ化ニュース

映画ドラえもん×ミスチルのSP映像公開!

スポンサーリンク

2020年3月6日に公開を控えている「映画ドラえもん のび太の新恐竜」のスペシャルPVが公開されました。

今回は公開されたスペシャルPVの情報と共に映画ドラえもんの見どころもまとめさせていただきました。

スポンサーリンク

「映画ドラえもん のび太の新恐竜」とは

「映画ドラえもん のび太の新恐竜」は2020年の「ドラえもん」連載開始から50周年、さらに1980年に公開された「映画ドラえもん」シリーズ第1作から40作目を迎える節目の作品として制作されたようです。

この記念すべき作品を手掛けるのは、2018年に「映画ドラえもん」シリーズ史上最高興行収入53.7億という記録を打ち立てた「のび太の宝島」を製作した監督・今井一暁と脚本・川村元気が再びタッグを組みます。

第1作目の「映画ドラえもん のび太の恐竜」と同じ「恐竜」をテーマにしながらも、「のび太の恐竜」とは異なる全く新しいストーリーが展開されます。

あらすじ

のび太が恐竜博の化石発掘体験で見つけたたまごをドラえもんのひみつ道具『タイムふろしき』で元の状態に戻すと・・・生まれたのは新種の、しかも双子の恐竜だった。

少し頼りないキューとおてんばなミューを愛情たっぷりに育てるのび太であったが、2匹が現代で生きていくには限界がきてしまったため、のび太は2匹を元の時代に返すことにしました。

のび太はドラえもんや仲間たちと一緒に6600万年前の白亜紀へ、そこでのび太たちがめにするのは……

PVでは愛らしいキューとミューのすがた、葛藤するのび太などを見ることができます。キューとミューは本来飛ぶことができる種ですがキューは飛ぶことが苦手なようです。

ですがキューが白亜紀で生き残っていくためには飛ばなければなりません。

ですが歴史を変えることはいけないのでキューには自力で飛べるようになってもらうしか方法がありません。

キューが飛べるようになってのび太たちは安心してキューとミューを送り出すことができるのか。とてもみどころですね!

W主題歌はMr.Childrenの2曲

今回、記念すべき作品の主題歌を担当するのは大人気アーティストのMr.Childrenです。

Mr.Childrenが手掛ける映画の主題歌「Birthday」「君と重ねたモノローグ」が流れる「映画ドラえもんスペシャルPV~Mr.Children W主題歌ver.~」が公開されました。

PVでは主題歌とともに映画のシーンを見ることができます。とても素敵な曲なので映画の感動をより一層引き立ててくれること間違いなしですね!

同じ恐竜をテーマにした「のび太の恐竜」

「のび太の恐竜」は偶然発掘したたまごの化石を『タイムふろしき』で元の状態にして生まれた首長竜のピー助を白亜紀に還すというストーリーで今作とよく似ていますね。

「のび太の恐竜」は1980年の映画代1作、そして2006年に声優一新後の第1作として「のび太の恐竜2006」が公開され、「ドラえもん」50周年の今作では「 のび太の新恐竜」と節目には「恐竜」が使用されていますね。

「恐竜」というテーマは「映画ドラえもん」シリーズにとって特別なテーマなのかもしれません。

スポンサーリンク

今作もかっこいいのび太の期待!

やっぱり「映画ドラえもん」シリーズの見どころと言えば普段頼りないのび太がここぞと場面に急に頼もしくなるところと、いつものび太をいじめるジャイアンがヒーローとばかりにかっこよくなるところですよね(笑)

この伝統芸ともいえる豹変ぶりはおそらく今作でもお目にかかれると思います。ちなみにこれは「のび太の恐竜」から続いているそうです。

本編のふたりとは少し印象が変わりますが、これがあってこその「映画ドラえもん」なので今回はどんなかっこいい姿を見せてくれるのか、期待して待ちましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。「映画ドラえもんスペシャルPV~Mr.Children W主題歌ver.~」をまだご覧になっていない方はこれを見ればストーリーの大まかな流れがわかると思います。

Mr.Childrenが手掛ける映画の主題歌「Birthday」「君と重ねたモノローグ」は映画公開に先駆けて3月4日に発売されます。

節目の作品ということもあり、とても力の入った作品になっていると思うのでご家族やお友達、恋人など大切な方と一緒にドラえもんを楽しんでみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク