SLAM DUNK(スラムダンク)

アニメ「SLAM DUNK(スラムダンク)」第13話~第19話『湘北校バスケ部の陵南高校練習試合編』をまとめてみた!全話フル動画を無料で観るには?

スポンサーリンク

SLAM DUNK(スラムダンク)のアニメ版第13話~第19話をまとめたページです。

アニメ「SLAMDUNK」第13話~第19話までが、1つのストーリーの切れ目に当たると思います。

そこで今回は第20話の記事を紹介する前にここまでのあらすじからまとめてみたオリジナルのタイトルと記事を書いてみたいと思います。

第13話~第19話をまとめたオリジナルタイトル『湘北校バスケ部の陵南高校練習試合編』

スポンサーリンク

アニメ版『SLAM DUNK(スラムダンク)』第13話~第19話へのレビューリンク

第13話『湘北VS陵南 燃える主将(キャプテン)!』

アニメ「SLAM DUNK(スラムダンク)」第13話『湘北VS陵南 燃える主将(キャプテン)!』のあらすじ・ネタバレ・感想・登場人物・フル動画を無料で観るには?SLAM DUNK(スラムダンク)のアニメ版第13話『湘北VS陵南 燃える主将(キャプテン)!』のネタバレページです。 前回(第1...

第14話『超高校級!陵南ドトウの攻撃』

アニメ「SLAM DUNK(スラムダンク)」第14話『超高校級!陵南ドトウの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・感想・登場人物・フル動画を無料で観るには?SLAM DUNK(スラムダンク)のアニメ版第14話『超高校級!陵南ドトウの攻撃』のネタバレページです。 前回(第13話)までのあ...

第15話『花道キンチョーの晴れ舞台!』

アニメ「SLAM DUNK(スラムダンク)」第15話『花道キンチョーの晴れ舞台!』のあらすじ・ネタバレ・感想・登場人物・フル動画を無料で観るには?SLAM DUNK(スラムダンク)のアニメ版第15話『花道キンチョーの晴れ舞台!』のネタバレページです。 前回(第14話)までのあ...

第16話『なんだコイツは!?田岡の誤算』

アニメ「SLAM DUNK(スラムダンク)」第16話『なんだコイツは!?田岡の誤算』のあらすじ・ネタバレ・感想・登場人物・フル動画を無料で観るには?SLAM DUNK(スラムダンク)のアニメ版第16話『なんだコイツは!?田岡の誤算』のネタバレページです。 前回(第15話)までの...

第17話『リバウンド王桜木花道の苦悩』

アニメ「SLAM DUNK(スラムダンク)」第17話『リバウンド王桜木花道の苦悩』のあらすじ・ネタバレ・感想・登場人物・フル動画を無料で観るには?SLAM DUNK(スラムダンク)のアニメ版第17話『リバウンド王桜木花道の苦悩』のネタバレページです。 前回(第16話)までのあ...

第18話『ラスト2分!仙道は俺が倒す』

アニメ「SLAM DUNK(スラムダンク)」第18話『ラスト2分!仙道は俺が倒す』のあらすじ・ネタバレ・感想・登場人物・フル動画を無料で観るには?SLAM DUNK(スラムダンク)のアニメ版第18話『ラスト2分!仙道は俺が倒す』のネタバレページです。 前回(第17話)までのあ...

第19話『タイムアップ!決着陵南戦』

アニメ「SLAM DUNK(スラムダンク)」第19話『タイムアップ!決着陵南戦』のあらすじ・ネタバレ・感想・登場人物・フル動画を無料で観るには?SLAM DUNK(スラムダンク)のアニメ版第19話『タイムアップ!決着陵南戦』のネタバレページです。 前回(第18話)までのあら...

アニメ版『SLAM DUNK(スラムダンク)』第13話~第19話の概要

「SLAMDUNK」第13話~第19話までは陵南高校と湘北高校の練習試合を描いています。

12話までは湘北バスケ部内での試合などはありましたが、初めての他の学校との試合を描いた展開となりました。

そこで今回は湘北と陵南のメンバーや戦力、監督についてここまでの作品展開の中で判明しているデータと私の考察を述べていきたいと思います。

湘北バスケ部の戦力、監督について

身長197cm、93kgのセンター、赤木剛憲がキャプテンを務めます。

赤木はその体格を生かした好守両面での活躍でチームを引っ張る部内の最重要人物です。

その赤木とともにもう1人の3年生のフォワードの木暮公延は、赤木ほどのインパクトはない普通に近い選手ですが、陵南との練習試合を見る限りではシュートもよく決めています。

2年生にはガードの安田、潮崎、それに角田がいます。

角田は陵南との練習試合に出場がなかったためにその実力はこの段階ではよくわかりません。

潮崎は陵南戦にスタメン出場してはいましたが、映像で確認する限りはドリブルをしている場面しかありません。

練習試合前半で2得点は上げていますが、その場面の描写はなく後半は流川と交代したためにほとんど目立つ活躍がありませんでした。

安田は陵南のガードの植草にボールを取られる場面があったり、終盤の植草の落ち着きぶりをみて少しもあわてない様子を見て、強豪校のスターティングガードの強さを感じ取っていました。

この辺りを見ているとガード陣を比較すると陵南の方に分がありそうに感じました。

ただ安田は速攻からのレイアップシュート1本とスリーポイントシュート1本を決めるなどシュート力はそんなに悪くはないと感じました。

そして1年生ではまずスーパールーキーの流川です。

流川はものすごいジャンプ力、大きい割に上手いドリブル、スリーポイントシュートも打てるシュート力と少し欠点が見当たらない感じでした。

唯一後半戦の残り6分の時点で足がつる体力の限界を感じさせる描写がありましたが、これはマークしていた相手がエースの仙道であるからこそでしょう。

中学時代からスタープレイヤーだった流川はベンチに下がることもなかったでしょうし、仙道ほどの実力があるプレイヤーと対戦したこともおそらくなかったと思います。

現時点での完成度としてはほぼ満点でしょう。

そして桜木花道です。

花道は初めての試合でガチガチの緊張状態から解き放たれた後はその身体能力をいかんなく発揮しました。

ものすごいジャンプ力と瞬発力、スピード、そしてリバウンドと身体能力は抜群だと印象付けることに成功しました。

最後にはとうとう相手エースの仙道までブロックしてしまいました。

その一方でスクリーンアウトがすぐにできなかったり、シュートもレイアップシュート1本だけとルールの理解や得点力には課題を残したと言えそうです。

ただ初心者が出場した初めての試合としては考えられないほどの活躍だと言えます。

湘北のベンチの1年生は3人衆がセットになっている描写が多かったですが、ここまでの放送では氏名も実力も不明というのが正直なところです。

安西監督ですが、普段は相手選手たちに置物かと間違えられるほど動きがありません。

交代してベンチに下がった流川に休憩は1分だけでラスト2分に勝負をかけると言ったり、花道と流川の2人で仙道をマークする作戦を授けた以外は特にベンチで動いたり、声を出したりしていません。

試合の中での采配はほとんどをキャプテンの赤木に任せています。

陵南の田岡監督が言うにはかつては猛将と恐れられたということなので、昔の監督のやり方とは何かがあってやり方を変えているのでありましょう。
普段はあまり細かいことは言わずに勝負所で作戦を考えるという選手たちがやりやすいタイプの監督だと思います。

普通であればあれだけ監督の顔の肉や腹の肉をタプタプさする花道の姿などはありえないですが、いつも「ホッホッホ」と笑っています。

スポンサーリンク

陵南バスケ部の戦力、監督について

身長202cmの魚住がセンターでキャプテンを務めます。

魚住はその体格を生かしたゴール下での守備でシュートブロック3連発を見せ、その高さを生かしたリバウンドなどで活躍を見せました。

その一方でフリースローが苦手であります。

これは想像ですがおそらくはボールハンドリングや走ることなどもあまり得意ではなさそうです。

あとは闘志を前面に押し出すファイトマンですが、性格はかなり短気そうなのでやり方によっては翻弄できそうにも思います。

湘北との練習試合を見る限りはライバルの赤木の方が得点力に関しては上回っていると感じました。

次にエースプレイヤーの仙道です。

まず身長は190cmとかなり大きいのですが流川と花道以外は追いつけないようなスピードがあります。

そしてマークをギリギリまで自分に引き付けておいてからのパスが実にうまいです。

しかしもちろんエースとして自分で得点を上げることもできます。

練習試合では味方へのパスを3つ見せておいてから、次に自分が得点するシーンがありました。

それから性格ですがかなりおおらかです。

平然と遅刻をしてきたり、田岡監督がベンチで怒鳴っている時にもポカリスエットを飲んだりレモンをかじったりしています。

そして無礼とも思える花道の挑発もニコニコ笑いながら受け流しています。
こういったところを見ていると、才能あふれるエースプレイヤーでありながらあまり俺が俺がというタイプではなく、チームが勝てばそれでいいという感じです。

しかし勝負所ではきちんと仕事をしますし、何気ない一言でチームのメンバーを落ち着ける影響力があります。

あとは木暮が分析していたように普段は7割ぐらいの力でプレーして、ここぞの場面でギアを上げるようなペース配分もできます。

練習試合を見る限りではプレーの能力でも性格的な部分でも少し弱点が見当たらないプレイヤーだと感じました。

次にガードの越野です。

陵南のメンバーではキャプテンの魚住、エースの仙道が目立つのですがガードの越野はかなりのファイトマンタイプです。

自分よりはるかに大きい花道にも平然と向かって行く性格ですが、これと言った欠点もなさそうです。

もう1人のガードの植草も目立ちませんが、安田からパスカットを見せたり、土壇場でも落ち着いてプレーをするなどのところを見てもガード陣は陵南の方が上と感じます。

あと1人の選手である池上もあまり目立たないのですが、183cmとフォワードとしては身長も十分にあるいい選手だと感じました。

そして湘北がメンバーチェンジを3回している中で陵南のメンバーはスタメンの5人が最後までプレーしているので、スタミナもかなりのものがありそうと感じました。

田岡監督ですが湘北の安西監督とは対照的に常にベンチで精力的に動いて声を出している熱血タイプの監督です。

こういうタイプは能力がなければ選手はついてこないと思いますが、花道の最初のリバウンドを見て控えメンバーがその驚異的なジャンプ力に圧倒されている中で、1人だけ素人だからリバウンドの基本のスクリーンアウトを知らないことを見抜いていました。

普段は厳しく口うるさいと選手たちは感じるでしょうが、その確かな監督力で選手たちをまとめているタイプだと感じました。

バスケットボール用語、反則について

ここまでの作品展開の中で登場した反則名やバスケットボール用語のみを掲載していきます。

なお作品連載通りの記載のために、現在の実際のルールとは異なる場合もあるかと思いますが、ご了承願います。

反則名

プッシング

相手チームのプレイヤーを手やからだで無理に押しのけたり押して動かそうとすること。

チャージング

ボールの所持のいかんに関わらず、無理に進行して相手チームのプレイヤーの胴体に突き当たったり押しのけたりすること。

トラベリング

ボールを持って3歩以上歩いてしまうこと。

ハッキング(イリーガル・ユーズ・オブ・ハンズ)

防御側プレイヤーが、相手チームのプレイヤーをたたいたり手を使って相手に触れたり触れ続けたりしてその動きを妨げること。

3秒ルール(3秒オーバータイム)

攻撃側が台形(フリースローレーン)の中に3秒以上とどまってはいけない。

30秒ルール

攻撃側(ボールを保持しているチーム)は30秒以内にショットしなければならない。

反則の種類

反則はファウルとバイオレーションに分けられます。

ファウル

どちらかに責任のある不当な体の触れあい接触、およびスポーツマンらしくない行為により起こる違反行為の総称。上記のものでは、プッシング、チャージング、ハッキング(イリーガル・ユーズ・オブ・ハンズ)がこれに含まれます。

バイオレーション

身体の接触およびスポーツマンらしくない行為以外の総称。上記のものではトラベリング、3秒ルール、30秒ルールがこれに含まれます。

テクニカルファウル

審判やオフィシャル、相手チームに対する無礼な態度、暴力行為、観客に対する不作法な行動、言動、肘を振り回す行為、相手チームのプレイヤーに対する妨害行為、ゲームの遅延行為、等がテクニカルファウルです。

バスケットカウント

ボールを持ったオフェンスがシュートをした時に、ディフェンスからファールを受けたが、シュートされたボールはそのままゴールに入ることです。シュートは得点として認められる上に、ファールも認められ、オフェンスにフリースローが1本与えられます。2ポイントのシュートが入りフリースローも決まれば3点、3ポイントのシュートが決まりフリースローも決まれば4点得点できるプレーとなります。

シュートの種類

ドリブルシュート(ランニングシュート)

速攻の時によく使う基本的なシュートであり、ドリブルからそのままシュートを打ちます。花道はこのシュートを庶民シュートと呼びます。

ジャンプシュート

ジャンプの最高到達点に達するタイミングで打つシュートのことです。

ダンクシュート(スラムダンク)

リングに直接ボールを叩き込むシュートのことです。

アリウープ

空中でパスを受け取ってそのままダンクをするシュートのことです。

シュートの種類による得点

ツーポイントシュート

スリーポイントラインよりも内側からのシュートのことです。
上記のものではドリブルシュート、ダンクシュート、アリウープなどはこれに当たります。

スリーポイントシュート

スリーポイントラインよりも外側からのシュートのことです。
上記のものではジャンプシュートの位置によってはこれになります。

その他の用語

リバウンド

外れたシュートボールを奪うプレーのことです。
バスケットボールには「リバウンドを制するものは試合を制す。」という格言があります。

スクリーンアウト

リバウンドの有利な位置を確保するために行うブロックプレーのことです。

ジャンプボール

サークルの中心に引かれているラインを挟んで両チーム1名ずつのプレイヤーが向かい合って審判が上に投げたボールを奪い合うプレーです。

ヘルドボール

違うチームの選手同士がボールを奪い合ってどちらのボールかわからなくなる状態のことを言います。
このヘルドボールの状態になった場合はジャンプボールで試合を再開します。

『SLAM DUNK(スラムダンク)』完全無料で1話~最終回のフル動画を観るには

管理人のオススメは『U-NEXT』です!

『SLAM DUNK(スラムダンク)』のフル動画を無料で見たいなら『U-NEXT』がオススメです!
国内最大級の動画・電子書籍配信サービスなのは有名ですが、なぜ管理人がここをオススメするのかわかりますか?

ポイントは4つあります!!

★有料だけど期間内に解約したら完全無料

★登録するのは3分で終わります(5分後にはもう無料で動画観れちゃいます!)

★無料期間中でもポイントが600ポイント貰えるから漫画の最新刊も読めちゃう

解約するのも3分程度!アニメたっぷり観た後に解約しちゃいましょ!

U-NEXTで『SLAM DUNK(スラムダンク)』を今すぐ観る

どうせ1ヶ月分はお金かかるんでしょ?

とか

完全無料とか嘘でしょwww

とか

登録や解約が面倒くさいんじゃない?

とか、そんな言葉をよく聞きますが、大間違いです!!

U-NEXTを舐めたらいけません。

31日間無料キャンペーン中は

マジで1ヶ月以内なら完全無料なのです。

もちろん、漫画とかに課金したらその分のお金はかかりますよ?

それを無料にしろってのは流石に無理です。

でも、無料期間中に貰った600ポイントを使って漫画の最新刊を読む分や、動画見放題の14万本(ドラマ・アニメ・映画)を観る分には完全無料!

しかも、登録も解約もどちらも約3分ですんじゃいます!

『31日間無料キャンペーン』を体験する

チラッと画面をお見せしちゃいます!

<洋画>

<国内ドラマ>

<アニメ>

<漫画>

これらの殆どの作品が見放題ってんだから驚きですよね!

流石『国内最大級の動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)』の名は伊達じゃありません!

U-NEXTならメリットがいっぱい!

  • 今なら31日間無料体験!
    ※期間中に解約すれば一切お金はかかりません
  • 見放題作品数No.1
    →動画見放題14万本!
    →動画レンタル3万本!
    →書籍・漫画・ラノベ合計52万冊以上!
    →雑誌読み放題70誌以上!
  • 毎月1,200ポイントもらえる!
    (最新映画2本分)
    ※無料期間でも600ポイントもらえる
  • 無料でアカウントが4つ使える!
  • スマホやタブレットに映画やアニメをダウンロード!
  • 高品質の音と映像
  • 5,000以上のオリジナル特集!
  • テレビやパソコン、スマホ・タブレット・ゲーム機で楽しめる!
  • いつでも解約できる!

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

U-NEXTで『SLAM DUNK(スラムダンク)』を今すぐ観る

ぱんだくん
ぱんだくん
本ページの情報は2020年2月のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク